ベンツ C220dにプッシュ&プル ワンハンドコントロール取付

いつもお世話になります。

グイドシンプレックス取付担当の西村です。

今回グイドを取り付けた車両はメルセデスベンツの「C220d」です。

ドイツが誇る世界の高級車メーカーのベンチマークと言っても過言では無いブランドですよね。私としては非常にボディの金属が固くて、いつも取付加工に苦労させられるメーカーでもあります (笑) でもそれぐらい材料にコストがかかっている事の証明だと思いますので値段が張るのも納得いたします。

取り付けたグイドはワンハンドコントロールという片手でアクセルとブレーキの操作をするタイプの商品になります。

こちらの商品の特徴としましては電気配線への加工を最小限にできるのと、構造が単純なので信頼性が高く、次のお車に乗り換える際に再利用できる部品が多いので経済的です。

何よりも最大のメリットは、国内に多く普及している国産の運転支援装置と操作方法が同じだという事です。慣れ親しんだやり方で運転ができます。

載せ替えて使っていける事を考慮して頂ければ検討の余地は十分にあると思いますので、是非ともご検討下さい。連絡をお待ちしております。

それでは失礼します。

アルファロメオ ジュリアにプッシュアクセル左ブレーキレバー取付

いつもお世話になります。

グイドシンプレックス取付担当の西村です。

今回はイタリアの名門アルファロメオのラグジュアリーセダンである

「ジュリア」にプッシュアクセルと左ブレーキレバーの取付を承りました。

デザインに感じる色気がさすがイタリア車ですよね、、ため息が出るカッコ良さです。

走りの性能も高く運転して楽しいのはイタリア車の共通事項だと思います。

他とは違う「ナニカ」をお求めの人には検討の価値有です!

取り付けたグイドはプッシュアクセルと左ブレーキレバーでインテリアもハイセンスなジュリアの内装に綺麗にマッチして取付できました。

やはりイタリアの車にはイタリアの運転支援装置が似合いますね。

インテリアとの親和性は一番かもしれません。

作業も順調に進みお客様にも喜んでいただけました。

それでは失礼します。

マツダ2「旧デミオ」にプッシュアクセルと左ブレーキレバー取付

みなさんいつもお世話になります、グイドシンプレックス取付担当の西村です。

今回は広島在住の方より取付依頼の承りました。

関東地方よりだいぶ遠い地にも関わらずグイドシンプレックスを選んで頂きありがとうございます。

取付車両は「マツダ2」旧名のデミオの方がピンとくる方も多いかもしれません。昔から海外ではマツダ2の名で販売されていました。最近は国内市場も縮小傾向なのでわかりやすく整理したのかもしれないですね。

車自体は最新のスカイアクティブ技術で作られており高いボディ剛性と軽快なエンジンで運転して楽しい車でした。

取り付けたグイドは「プッシュアクセルと左ブレーキレバー」です。

プッシュアクセルは両手でステアリングを握れるので背骨がシート上で真っ直ぐになり適切な乗車姿勢が保ち易くなります。ワンハンド式よりも運転が楽で長時間の乗車も苦になりません。

ブレーキレバーは左に取り付けました。インパネに近く付けて足元もスッキリと仕上げて左足もフットレストに余裕をもって置くことができます。

それでは失礼しました。

 

スマート・フォーツーにツイストレバー取付。

いつもお世話になります、グイドシンプレックス取付担当の西村です。

今回グイドを取り付けたのは「スマート・フォーツー」です。

非常にコンパクトな車体で大人2人と少しの荷物が積載可能なデザインの車です。都会の町中をスイスイ走るシティコミューターといったところですね。

車体が日本の軽自動車よりもコンパクトなので運転支援装置が付かないのでは?と疑問に思うかもしれませんがグイドは取付自由度が高い製品なので問題無く付きます。

今回はお客様より足元を出来るだけ広くして欲しい。それとブレーキレバーを軽い力で操作したいとご依頼を承りました。

ご依頼に応えるために装置を出来るだけ小さくインパネ内部に埋めるように付けてブレーキロッドもインパネ内部に通して見えなくしました。軽い力で操作するために純正のブレーキペダルよりも長いレバーを取付て足で踏むより軽い力でブレーキレバーの操作が出来るように仕上げる事ができました。

これなら狭い車内で支援装置が邪魔をする事も無いでしょう。

それでは失礼します。

 

R32スカイラインGT-Rのオートクラッチ点検作業と商品説明。

いつもお世話になります、グイドシンプレックス担当メカニックの西村です。

今回はいつもの取付作業ではなく取付後のメンテナンス作業と商品のご紹介をさせて頂きます。

車はなんとスカイラインGT-R!もちろんマニュアル車両になります。

今、え? と思いませんでした?もちろんオーナー様は車椅子なので両足は動きません。ですがグイドシンプレックスにはクラッチペダルの操作をモーターに肩代わりさせる事によりフットレスでマニュアル車の運転が可能になる商品がございますその名も「オートマチック クラッチ システム」そのまんまかーい!(笑)

さて点検作業自体はグイドに特に問題はなくクラッチディスクの残量が少ない事をオーナー様に報告させて頂きました。

さて、マニュアル車にも対応する運転支援装置は珍しく国内でも出来る所は数えるほどしかありません。憧れの80年代90年代のスポーツカーに乗りたいけどマニュアルミッション しかなくて諦めていた方もいるかもしれません、、、グイドならありますよ?(笑)

ただし費用は安くはありません。納期も時間がかかります。

それでも良ければ一度お問い合わせください。

それでは皆様コロナに負けずにがんばりましょう!

カッコいいのでエンジンの写真をのせました(笑)やっぱり憧れますね。

 

 

 

 

クラウンハイブリットにワンハンドコントロール、ツイストレバー取付。

いつもお世話になります。

グイドシンプレックス取付担当の西村です。

日本が誇るロイヤルサルーンのクラウンにグイドを取り付けました。

しかもトヨタの最新ハイブリット技術が詰まっていてなんだか宇宙船みたいな乗り味に新鮮さがあり、なおかつ高い静粛性が普通のガソリン車とは違う高級感を感じさせてくれます。

今回取り付けるグイドの商品 は最近ご要望が多くなってきている「ワンハンドコントロール型ツイストレバータイプ、ブレーキアクセル」です。名前が長いですね、、(笑)

ハンドル左に有るツイストレバーを、パチンコのスロットルを捻るように左回しに回転させるとアクセル操作になり、そのままレバーを奥に押し込むとブレーキの操作になります。

特徴としてはワンハンドタイプですが直線路や緩やかなカーブではハンドルを両手で握れるので、体が安定しやすく背骨がまっすぐで楽な乗車姿勢が維持できます。

操作レバーを前後するのに疲れを感じている方は選択に入れるのも良いかもしれません。

それでは失礼します。

 

 

青木拓磨選手がメキシコでプロクラス3位入賞!

皆様いつもお世話になっています。

グイドシンプレックス取付担当の西村です。

当ブログでも記事にしましたがメキシコにて開催されていたジャガーのEVレースにて青木拓磨選手がプロクラス3位入賞の快挙を成し遂げました。

青木選手はこの挑戦により国際EVレースではじめて表彰台に乗った障害者レーサーとして多くの人たちにその名前を残しました。

レースは前日のコーストラブルのため予選がキャンセルとなり最後尾の11番グリットからのスタートを余儀なくされましたが、スタート直後に2台を追い越し最終的にプロクラス3位という驚異の走りを見せて下さいました。

やはり意志をもって戦う方は人々に感動をあたえてくれますね。

そんな青木選手に少しでもグイドシンプレックスが役に立ったのなら嬉しく思います。

それでは失礼します。

 

 

ポルシェ911GT3ーRSにプッシュアクセルと左ブレーキレバー取付

みなさんいつもお世話になっています。

グイドシンプレックス取付担当の西村です。

今回グイドを取り付けた車両はポルシェ911GT3RSです!

超弩級の車両が入ってきました。間違いなく戦艦で言えば「大和」クラスです (笑)

最初から純正でロールバーが組んでありますよ!納車してスグにでもサーキットに直行できそうなヤル気マンマンの雰囲気に圧倒されます。

私も一度でいいからサーキットで全開にしてみたいですね~

今回のお客様からは911GT3から現行911GT3RSにグイドを移設されるご要望を承りました。

グイドの特徴として一度装置を購入して頂ければ、お車の買い替えの際に新しく補助装置を買い直す事無く移設して使っていく事ができます。

グイドは国産の補助装置より高額な商品ですが2台目、3台目の事を考えて頂くとそれほど高額では無くむしろ経済的だと思います。

それに長年使って手に馴染んだ装置の方が車が変わっても安心してご使用頂ける方もいるのではないでしょうか。

取り付けた商品はプッシュアクセルと左ブレーキレバーです。

プッシュアクセルは汎用タイプでアクセルリングが取り外し出来ないタイプです。その分どんな車にも取付容易なので頻繁にお車の買い替えをする方にはうってつけの商品となります。もちろん性能も脱着タイプと同じで鋭いアクセルレスポンスでFunToDriveが楽しめます。

今回はブレーキレバーも工夫しましてブレーキペダルとブレーキレバーをストレートロッドで直結しまして高剛性でダイレクトな操作性にしました。

これでサーキットに行っても楽しめるでしょう。

それでは失礼します。

 

 

 

青木拓磨選手もグイドを使って頂いてます。

みなさんいつもお世話になっています。

グイドシンプレックス取付担当の西村です。

今年は東京2020がいよいよ開催される年になりましたね。

オリンピックだけでなくパラリンピックも高い注目を集めていますが、モータースポーツにも車椅子バスケやテニスのように障害者カテゴリーが有るのをご存じですか?

世界では車椅子のプロレーサーの方たちがいて世界的なラリーレースやロードレースで実際に活躍されています。

日本にも車椅子のプロレーサーの方がいますその名も「青木拓磨」選手です。

バイクレースの「青木三兄弟」といえばピンとくる人も多いと思いますが青木選手は不慮の事故により両足が動かなくなりながらも、不屈の精神で四輪レーサーとしてご自身の活路を切り開きました。

すごいです。

そんな青木選手が実際にレースで使っている運転補助装置がグイドシンプレックスです!

レースという極限の状況で最高を求める現場で性能を認められた事を私は誇りに思っています。

青木選手は今年のルマン24時間レースへの参戦も視野に入れており、ますますのご活躍が期待されます!がんばれ青木選手!

ちなみに青木選手はツイストレバータイプのグイドを使用されています。

下の写真は実際に使われたジャガーのEVレースカーのデモ車両にグイドを仮で付けた時の写真です、雰囲気を感じて頂ければさいわいです。

新年最初の取付作業は九州でした。

みなさんこんにちは。

かなり今更ですが新年おめでとうございます。

グイド取付担当の西村です。なんとか一月中に投稿ができました、、、汗。

新年最初の仕事は九州の福岡に行ってきました。

車両はホンダのN-BOXで取付る商品は「ツイストレバータイプ・ワンハンドコントロールシステム」です。操作方法としてはブレーキレバーと一体化しているアクセルレバーを左回転でひねるとペダルの換わりにアクセルを操作できます。

ブレーキはレバーを押すことでペダルの換わりに操作できるようになります。

国産のレバーを前後するタイプと近い操作感で、乗り換える際には取っ付き易いと個人的には思っています。

本来は写真を交えて説明するところですが、、、

ブログ用の写真を撮り忘れました、、、、、すみません。

なので今回はいつもならブログには載せない作業中の写真を載せたいと思います。どんな感じで作業しているのか見て頂けたら幸いです。

配線やら部品やらがゴチャゴチャしてますね (笑)

ここからイロイロとまとめていきまして最終的に手だけで運転ができる車両になります。

次回はちゃんと写真を撮っておきます!

それでは失礼します。