スズキハスラー、プッシュアンドプル右レバー取付

こんにちは、グイドシンプレックス取付担当の山形です。

2022年式のスズキハスラーにプッシュアンドプルを取付けました。

軽自動車は車体が小さいのでステアリング廻りのスペースの問題があります。

左側にはシフトレバーがあります。プッシュアンドプルで左レバーはNGでした。

そして右側はドアトリムが迫ります。

そして作業に入ります。ステアリングコラムブラケットは問題なくセット出来ました。

しかし、中央にレバーの支点を持ってくるとドアトリムに大きく干渉します。

その為、支点の位置を左に70mmオフセットさせます。

上側のネジ穴を使用して可能な限り上に寄せます。

ブレーキペダルのブラケットの位置は、ストローク、レバーを押す力を考慮して

位置を決めます。かなり上側になったのでロッドはストレートタイプに変更しました。

ブレーキロッドが高い位置になるメリットとしては、

ブレーキロッドがダッシュパネル内に収める事が出来ます。

通常、ダッシュパネルに沿ってブレーキロッドをセットしますが、

ダッシュパネル内に収まると足元がスッキリします。

ブレーキ操作するとドアトリム、ダッシュパネルとギリギリ!

何とか仕上がりました。

スペース的には厳しいのですが、日本の軽自動車の良い所はドアの開く角度が

ほぼ90度まで開くので、車椅子からの乗り降りがし易い所でしょうか。

某国産スポーツモデルは45度くらいしか開きませんでした(笑)

初めての取付車両(メーカー)

こんばんは、グイドシンプレックス取付担当の山形です。

テスラのモデルYの続きです。

送られてきたブラケットをベースに図面を起こして外注業者に依頼しました。

出来上がったのがこれ。

鉄材の削りだしでオフセットは200mm、更に補強材を溶接してボルトで固定しました。 

そうそう、取り付けた装置は電気式ツイスト左レバーの移設です。二台目なのでステアリングにキッチリ寄せて仮組して本人に確認してもらうと「もっと手前に寄せて」と更に攻め込んだ取付となりました。

横も裏も指一本入りません。それ以上にテスラの純正オプションのステアリングが攻めた作りでした(笑)

一難去ってまた一難

こんばんは、グイドシンプレックス取付担当の山形です。

今回の取り付ける車種は、まだ公表出来ないので部分的な写真だけ。

始めて取り付ける車種なので事前にアクセルの配線はディーラー様に確認して

問題ない事は確認できていましたが、、、、現車が来て開けてびっくり!

ブレーキペダルが丸パイプで出来ていました。

斜めから見ても丸パイプです。

今までは厚みのある鉄製、ボックスになった鉄製、最近では樹脂製などありますが、

それ程大きな変化はありませんでした。しかし丸パイプとは、お初です。

四角いペダルであればブラケットを作る際は上下方向にズレないように作りますが、

今回は上下方向に加え回らないようにもしなければなりません。

イタリアに問い合わせた所、イントラネットの資料にあるよ、の回答。

一度確認したのですがもう一度見てみると・・・ありました。

丸パイプに取り付くブラケットの画像が。

そして今回はいきなりフェデラルエクスプレスで送ってきました。

しかしそれは左ハンドル車用だったので丸パイプには取り付けられるのですが、

右ハンドル車の場合は大きくオフセットさせなければならないのでその画像を元に

図面をおこして外注業者に製作を依頼しました。

まだ取付作業は続きます。

現在、作業中の車輌

こんばんは、グイドシンプレックス取付け担当の山形です。

現在、取り付け作業中の最新のプジョー408と30年以上前の115スパイダーです。

両車両とも違う意味で取付けに難儀しています。

408は国内では取り付け実績が無くセッティングが上手く行かず

イタリアに問い合わせをしながらの作業です。

115スパイダーは綻びた部分を直しながらの取付け作業です。

だいぶ時間が掛かってしまいましたが、やっと終わりが見えてきました。

この作業の後にもまだまだ数台控えています。頑張りますよ~

明けましておめでとうございます。

グイドシンプレックス取付担当の山形です。

本年も宜しくお願い致します。

やはり日本人なので新年のご挨拶の方がしっくりきます。

今年は地震と航空機事故からのスタートとなってしまいましたが、

良い年になるように頑張っていきましょう!